大正民家園(旧小山家住宅) 墨田区指定文化財

現住宅以前に建っていた茅葺住宅
現住宅以前に建っていた茅葺住宅

旧葛西川村で名主を務めたこともある小山家の住宅で大正6(1917)年に建築された。

建物正面の細い木割りの格子戸や黒漆喰壁、同じく正面に設けられた主人・客人用の土間口の二つの玄関、奥座敷上手のガラス張りの入縁側などに墨田区周辺地域の民家の特徴が表れている。

また、整形四間取り(田の字の形の間取り)を受け継ぐ農家としては土間部分が狭いことや、出格子窓や竪格子戸などに江戸の町屋独特の意匠が見られることから、農家と町家の両方の特徴を併せ持つ。

震災、戦災、水害を奇跡的に免れ、建設当時の板ガラスが残るなど保存状態も良く、文化的、歴史的に価値のある建物として、住宅部分は平成11(1999)年に区指定文化財となり、敷地は区立の公園となった。(すみだ街歩きガイドより)   入館料は無料です。 

 初詣の時期には園内の七福神にちなんだイベントも行われる。また、3月の桃の節句、5月の端午の節句の前後には、小山家で所蔵されていた雛人形や五月人形が展示される。

大正民家園は有料で利用できます。

利用時間 : 9:00から21:00まで

定  休  日  : 12月29日~1月3日

利 用 料 : 9:30~12:00  700円

        13:00~16:30 1000円

        17:30~21:00 1000円

連絡先  : すみだ郷土文化資料館 03-5619-7034 

2024年

5月

22日

「能登半島地震」義援金の報告

新緑が眩しい季節となりました。会員の皆さまにはお変わりなくお過ごしのことと存じます。

5月19日に行いました義援金の募金に対しまして、多くの町会員の皆さまからお預かりしました「義援金」は、5月22日に墨田区社会福祉協議会に委託しました。募金の集金結果は以下の通りです。

 

町会員寄付金 237,858円
町会より補填 12,142円
合計金額 250,000円

写真はこちらから